もう病まない!エビリファイ

エビリファイは統合失調症の治療薬です

エビリファイは統合失調症の治療薬

エビリファイは医薬品の中でも「非定型抗精神病薬」というカテゴリに属する医薬品です。

この非定型抗精神病薬は脳に対して作用し、ドーパミンやセロトニンの分泌量や脳に対して再取込される量を調節する効果があります。

そしてこれらの作用によって治療できる症状というのは、精神疾患の1つである「統合失調症」という症状です。

統合失調症という症状の名前は非常に良く聞くものですが、どういった症状なのか、というのを知っている人はそこまで多くはありません。

しかしこの統合失調症というのは非常に身近な症状で、誰もが発症する可能性のある精神疾患です。

ここでは統合失調症というのがどういった症状なのかなどを紹介します。

統合失調症とは

エビリファイは医薬品の中でも「非定型抗精神病薬」というカテゴリに属する医薬品です。

この非定型抗精神病薬は脳に対して作用し、ドーパミンやセロトニンの分泌量や脳に対して再取込される量を調節する効果があります。

そしてこれらの作用によって治療できる症状というのは、精神疾患の1つである「統合失調症」という症状です。

統合失調症という症状の名前は非常に良く聞くものですが、どういった症状なのか、というのを知っている人はそこまで多くはありません。

しかしこの統合失調症というのは非常に身近な症状で、誰もが発症する可能性のある精神疾患です。

ここでは統合失調症というのがどういった症状なのかなどを紹介します。

統合失調症の症状

統合失調症の症状には大きく分けて陽性症状と陰性症状の2つがあります。陽性症状は急性期と呼ばれる症状が現れ始める際に見られる症状で、多くは思考障害と知覚障害が現れます。

具体的な思考障害としては被害妄想や関係妄想、誇大妄想といった「何か悪いことが起こるのではないか」といった妄想や、時には「自分は神だ」「世界がこのまま終わってしまう」といった妄想が発生する場合もあります。

次に知覚障害ですが、これは幻覚や幻聴、幻嗅や幻味といった「本来存在しない物を感じるようになる」という症状が多い傾向にあります。

次に陰性症状ですが、これは消耗期と呼ばれる急性期の後に発症する症状です。感情障害や思考障害、意思や欲望の障害、認知機能障害といった症状があります。

具体的な症状としては、感情の麻痺や自己の内面世界に閉じこもるようになる、無意味なことに対して強いこだわりを持つ異様になる、そして引きこもりや自傷行為に走るといったものがあります。

統合失調症の原因

次に統合失調症の発症原因についてですが、これに関しては実はまだ詳細に解明されておらず、全てが仮説の段階となっています。

したがって、統合失調症の発症メカニズムに関しては今現在も不明となっています。

仮説として挙げられるものは非常に多くありますが、その中でも一般的に知られており、恐らくこれが原因ではないかと言われているものに「ストレス」があります。

人間の身体はストレスに対して非常に弱く、大きなストレスが一気に身体に降り注ぐと、精神的な異常を起こすようになります。

統合失調症の場合、自分の周囲の環境などによってストレスが発生し、個人によって異なる発症に至るまでのストレス許容量を超えたストレスが身体に掛かるようになると、急性期の症状が現れ、発症すると言われています。

このストレスによる発症というのもあくまで仮説であり、明確な発症原因ではありません。

したがって、ストレスが溜まっていない状態にある人でも何か別の要素によって統合失調症を発症する可能性があるため、注意をするようにしましょう。

抗うつ薬と一緒に用いる場合も

ストレスなどの要素が原因になり発症すると言われる統合失調症ですが、この症状を治療する際には抗うつ剤が併用される場合があります。統合失調症は抗うつ剤を使用しても治療ができない症状です。

治療の際に直接抗うつ剤が統合失調症を改善することはありませんが、統合失調症の発症による不安やショックなどにより、うつ病を発症してしまう場合があります。その際には抗うつ剤を使用したうつ病治療を行う場合があります。

そのため、エビリファイを使用した統合失調症の改善を行う際には「統合失調症をエビリファイで治療し、うつ病を抗うつ剤で治療する」という少々特殊な治療方法が取られる場合があります。

まとめ

エビリファイは精神疾患の1つである統合失調症の治療効果がある医薬品です。統合失調症は精神疾患の中でも非常に有名な症状であり、症状としては妄想や幻覚、幻聴といった認知機能や思考に対しての歪みに始まり、感情の抑制や感情の歪み、といった症状が特徴的です。

エビリファイはこういった精神的な症状を改善する効果が非常に高い医薬品です。また、統合失調症を治療する際には抗うつ剤が使用される場合があります。

抗うつ剤自体に統合失調症を改善する効果はありませんが、統合失調症の発症を認知した際の不安等によってうつ病やうつ症状が現れる場合があります。

そういった時には、エビリファイと抗うつ剤を併用しながら治療を行う場合があります。