もう病まない!エビリファイ

エビリファイの抗うつ作用について

エビリファイの抗うつ作用

エビリファイは他の非定型抗精神病薬には無い特徴的な作用があります。それがうつ病やうつ症状の改善作用です。うつ病やうつ症状というのは抗うつ剤と呼ばれる「うつを治療・改善する薬」を使用しなければ治療が難しい症状です。

したがって、一般的な非定型抗精神病薬ではうつ病などの症状を治療することはできません。

しかしエビリファイは非常に特殊な作用をする事によって、うつ症状の改善なども可能となっています。どのような使用方法によってうつ病の治療が可能になるのか、そして使用時の注意点にはどういったものがあるのか、というのをここでは紹介します。

辛いうつの治療をエビリファイで行い、心の痛みや辛さを解消してみましょう。

十分な効果が認められない人向け

まず初めに注意点として、エビリファイは「単体の使用でうつ病治療を行うことは殆ど無い」という点があります。エビリファイの使用効果というのはあくまでドーパミンとセロトニンの働きに対して影響を与えるのみであり、うつの原因と考えられているノルアドレナリンに対しては影響を与えません。

したがって、エビリファイは「抗うつ剤を使用したうつ病治療が十分な効果を発揮しない時に、抗うつ剤と併用する」という使用方法が基本的な方法となります。

抗うつ剤との併用を行うことによって、エビリファイは抗うつ剤の持つ効果を押し上げるような形で効果を発揮してくれます。そのため、エビリファイ単体でうつ病やうつ症状の治療を行うことは殆ど無い、ということを覚えておきましょう。

既存の抗うつ薬とは安全性が異なるv

エビリファイを使用したうつ病治療を行う際に注意すべき点として、既存の抗うつ剤と使用時の注意点が大きく異なっているという点があります。

エビリファイを使用した場合、副作用として非定型抗精神病薬を服用した時に起こる副作用が発生するようになります。服用の際には通常の抗うつ剤とは全く違った副作用の発生に対して注意する必要があります。

また、エビリファイを使用し始めた際には不安感といった精神的な気分の浮き沈みが激しくなり、時には自殺念慮を起こす場合があります。

そういった際にはすみやかに医師に対しての相談とカウンセリング、服用量の調節といったものを行ってもらうようにしましょう。

うつ病とは

うつ病は統合失調症と同様、精神疾患と呼ばれるような症状になります。別名「心の風邪」と呼ばれることもあるように、誰もが発症する可能性がある精神疾患の1つです。

うつ病には多くの症状が存在しており、中には自覚症状として身体や心に対して異変が起こる物もあれば、普段は何も異変が現れないけれども特定の状況に陥った時のみうつ症状が現れる、というような症状も存在しています。

ここではうつ病を発症するとどういった症状が現れるのか、そしてどういった要素が原因となりうつ病を発症するのか、というのを紹介します。

誰もが発症する恐れのある症状のため、決して他人事と思わず、それでいて真剣に悩みすぎてしまわないように注意しながら症状などをチェックしてみましょう。

うつ病の症状

まず初めにうつ病の症状についてです。

うつ病の症状は非常に多くありますが、これらの症状は身体症状と精神症状の2つに分けることができます。

まず身体症状についてですが、これは実際に身体で体感できる症状のことで、具体的なものとしては睡眠障害や食欲減退、疲労感や倦怠感、動悸、息切れ、口渇、身体の痛みや重さといった症状があります。

次に精神症状ですが、これは身体で感じるのではなく行動に対して意欲といった要素で感じる症状です。

具体的な症状としては抑うつ気分、不安や焦り、興味や喜びといった感情の喪失、意欲の低下、自責、そして自分を消してしまいたいというような気分の発生があります。

うつ病を発症すると、上記のような症状が起きている間ほぼ止まらず、2週間以上継続した状態になると、医学的にうつ病を発症した状態にあると判断されるようになります。

一時的なうつ症状の発生だけではうつ病を発症しているかどうかを判断することはできないため、注意をするようにしましょう。

うつ病の原因

うつ病の発症原因は統合失調症と同様に、確実な物がまだ判明していません。しかしうつ病はどういったものが原因となり発症するのか、という大まかな理由が判明しています。まずうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質のバランスが乱れることによって発症すると言われています。

この神経伝達物質というのは、感情や意欲、緊張とリラックスといった要素のコントロールを行う物質です。

この物質の分泌量が乱れ、バランスが崩れた状態になってしまうと、精神が不安定な状態になってしまったり、身体に対して異変が現れたりといった現象が起こり、うつ症状が現れるようになります。

神経伝達物質の分泌量が変化する要素は非常に多く、精神的なダメージやストレスといったものが原因となる場合もあれば、生活環境の変化といったものが原因となる場合もあります。

そのため、うつ病というのは非常に些細な事が原因となり、自分でも知らず知らずのうちに症状が現れ初めてしまう場合があるのです。

まとめ

エビリファイは精神疾患の中でも統合失調症と呼ばれる症状の改善に用いる医薬品ですが、抗うつ剤と併用する事によってうつ病の改善を行う事も可能です。エビリファイを抗うつ剤と併用することにより、神経伝達物質の分泌量調節効果を抗うつ剤を単体で使用した時よりも高め、抗うつ剤だけでは治療が難しいような重度のうつ病を治療することも可能となります。

しかし注意点として、エビリファイを抗うつ剤を併用した場合、抗うつ剤だけでは発症しない副作用が発生する恐れがあります。抗うつ剤とエビリファイの併用を行う際には安全性が全く違ったものになってしまうということを覚えておきましょう。